--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/04/07.Thu

ふたつのランドセル

兄の入学式の頃
写真は5年前、兄が初めて登校する朝に撮った写真です。
弟も保育園の0歳児クラスから1歳児クラスに上がって
初めての制服に二人で「いっしょ!!」と喜んでいました。

あれから5年、昨日は弟の入学式がありました。
兄も6年生なので入学式のお手伝いで一緒に出席していました。

夫も私もそれぞれ、2歳下に弟がいたので兄弟で学校へ行くことは
ごく自然なことで、特別に思ったりしたことはありませんでした。

でも、5歳違いの兄弟が、同じ学校へ通えるのは今年1年だけ。

保育園の向かい側に小学校があったので、弟にとっては
小学校が身近な存在だったのだと思います。

「ぼくがおおきくなったらいっしょにいこうね!」

もう何年も、二人で指折り数えてこの日が来るのを待っていました。


兄が大好きで、いつも兄の真似をしてあそんでいた弟。
ぼくも学校行けるもん!

私たち親の目から見る弟は、いつも危なっかしくて心配の種。

いつまでも甘えん坊で、まだまだ手がかかると思っていた弟の姿が
今日の入学式ではとても大きく見えました。

ピカピカの名札をつけて小学校の体育館に座る弟を
兄はどんな思いで見ていたのか、ちょっぴり恥ずかしそうでした。

そんな弟が選んだランドセルは、兄と同じ色。

早くから子供部屋ではふたつのランドセルを見慣れていたはずなのに
こうやって二人が背負っている姿を見ると
ふたりのランドセル

今日までの日々が、早かったような、長かったような・・・。

いろんなことを思い出しながら、朝の慌ただしさにすっかり冷めた
コーヒーを手に、いつもより早いひとりの朝の時間でした。
スポンサーサイト
家族のこと | Comments(2) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。