--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/04/27.Wed

食器棚を持たない我が家の、食器収納 その1

流し台の上の棚が、我が家の食器棚
昨日、珍しく明るいうちに帰って来れた夫が部屋を見るなり
「うわっ、今日も誰か来た?」

夫いわく、私が部屋に何も出しっぱなしにしていない状態の場合
真っ先に考えることは、

・重要なお客さんが来た
・子供たちが何かをしでかして、怒りパワーで片付けた
・身辺整理をして家を出た(笑)

何とも失礼な・・・。

子供たちに真顔で「何かママに怒られた?」と聞く夫。
「今日は全然怒られてないよ~」・・・『今日は』が余計だってば(汗)

確かに、以前はスッキリ片付けた→数日経つとゴチャゴチャ
の繰り返しだった我が家。

とはいえ、見える所だけスッキリで見えない所の収納はまだまだ。
そんな所も少しずつ解決していきたいと思っています。

        ---------

さて、今日は我が家の食器の収納のお話。

食器棚、生活を始める時に買う家具としては必需品ですよね。
我が家でもしばらく食器棚を使っていました。

でも私、どうも食器棚に納得がいかなかったのです。

部屋の配置上、食器棚は流し台から少し離れた場所にしか置けず
洗った食器を持って食器棚へ行き、扉を開けて中に入れ扉を閉める。

また水切りかごから食器を持って、扉を開けて中に入れ扉を閉める。
また水切りかごから食器を持って・・・。

「扉を開けて、扉を閉める」がめんどくさい(笑)

開けっぱなしにしたら?と考えました、もちろん!

当時の社宅のキッチンも狭く、開けっぱなしにした扉に体が当たって
扉が勝手に閉まりました・・・しかも食器を両手に持ったまま(笑)

そんな時、たまたまベルメゾンのカタログを見ると
古いベルメゾンのカタログ
団地で暮らすカップルの設定だったのかな、こんな写真がありました。

流し台の上の棚に食器をそのまま並べて置いている写真。
なるほど!!コレ、使える!

早速流し台の上の棚に置いていたお鍋や調味料などを片付けて
食器棚から食器を移動させました。

置いてみたものの、何とも言えないゴチャつき感・・・。

上のカタログを切り抜いて冷蔵庫に貼り付け、見比べること数日(笑)

スッキリしない理由が見えてきました。
食器の色・柄だったのです。

それまで使っていた食器は、結婚当時にそれぞれの家から持ち寄ったり
ベルメゾンで青のラインが入った食器セットを買ったもの。

ベルメゾンのセットが、意外ともろくて何枚か割れてしまい
人数分のお皿がそろわないのもありました。

青のラインというのも、たまに使えば良いかもしれないけど
料理のセンスがあまり無い私には、何を作っても変わり映えなく(笑)

業務用のような真っ白い食器を買い足すことに。

現在はそのネットショップが無く、私の持っている食器と同じものは
調べることが出来ませんでしたが、こちらのお店が近い感じです。
【送料無料】選べるセット!10点選んで!【送料無料!】カスタードホワイト【tokai_gw_shipping...価格:2,980円(税込、送料込)

【送料無料】選べるセット!10点選んで!【送料無料!】カスタードホワイト



我が家の暮らしの中では大皿よりは中皿、丼よりは小鉢というように
良く使う使いやすいサイズ、そして使い回しやすいものを選びました。

そして、キッチンの上に置くものは週に数回必ず使うものに厳選。

キッチンの上、左側から
流し台の上、左側の食器

右側はこんな感じです。
流し台の上、右側の食器
下段の左端にあるのは、最近買ったイッタラのマグカップ
これについてのお話は後日またご紹介します!

そしてその下のステンレスの棚に置いているものは
毎日何回も使うものを。
ステンレスの棚の上、左側
ステンレスの棚の上、右側
ファイヤーキングのマグカップや上の段にあるキャセロールと
お揃いのオレンジ色のカスタードカップ。

今では好みが変わって、このまま使い続けるか迷ったりしました。

ところが先月、静岡東部を震源とした地震があった際
キャセロールはびくともせず、オレンジのカスタードカップと
マグカップは落ちて割れた食器の中でヒビも入らず無事。

中皿や小鉢なども割れて4枚が3枚になってるのもあるのですが
それは食べ終わって洗おうと流し台に置いていた分が
上から落ちてきた食器の衝撃で割れてしまったもの。

全体的にスタッキングでがっしり重心が下がった食器は無事で
スタッキング出来ないものや陶器は割れてしまいました。

地震以降、この場所に食器を置き続けることも迷いましたが
すべりやすい食器棚シートを置かずに板に直接置いて摩擦抵抗を強めたり
なるべく棚の奥の方に入れ込んで、飛び出ないようにしています。

そんな我が家の食器収納ですが、お茶碗は?グラスなどは?
実はまだ別の場所に、置いているのです。

それは次回に、ご紹介します!
スポンサーサイト
キッチン | Comments(6) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。