--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/05/29.Sun

洗濯槽を、すっきりリセット。

洗濯機のフタを閉めたままだと・・・
我が家の洗濯機、買い替えてからもうすぐ2年になります。

子供より私の方が肌が弱く、塩素系の洗濯槽クリーナーを使ってしまうと
決まって湿疹や肌荒れがひどくなってしまうので

この洗濯機にしてからは、洗剤を入れずに槽洗浄コースを数カ月に1度。
汚れが取れた感じは、あまりなく・・・。

ただ、前の洗濯機では頻繁に起こってた衣類に付着する水アカのようなものが
この洗濯機に替えてからは一度もありませんでした。

心がけていたのは、以前にも紹介したコレを入れていたことと

1日の洗濯が終わったら槽乾燥をしてフタを開けっぱなしにしていたこと。

ところが、ここに引越してきてからは、写真のようにフタを閉めていたり
「洗濯槽快」の効果が無くなっていたり、節電を考えて槽乾燥をやめて、約2カ月。

洗濯機から、なんか匂うな・・・と思っていた矢先。
洗濯物に、あの嫌なヤツが・・・
洗濯物に、あの嫌なヤツがくっついていたのです。

ちょうど暖かくなってお風呂場にもカビが大量発生した頃で
これは洗濯槽もしなくちゃと、塩素系ではない洗濯槽クリーナーを探してみました。

通販生活でも紹介されている、という

エスケー石鹸の洗濯槽クリーナー 868円。

そして、商品ページを見て度肝を抜かれた

リセッター洗濯槽クリーナー 1000円。

今回は送料無料でトータルで安かった、リセッターを使ってみました。
リセッターのパッケージの中身
箱には2袋入っていて、1回に1袋全量を使います。


最高水位まで風呂水ポンプでお湯を入れ、リセッターを投入。
昔の泡泡の洗濯機のよう
3分くらい回します。昔の洗剤のように、どんどん泡立ってきました。


そして、3~4時間フタを閉めて放置します。
これ以降、クリックすると大きな画像で見れますので、興味のある方はどうぞ!
クリックすると、大きな画像で見れます。
商品ページのような感じではなかったけれど、大小様々に浮いてきました(笑)


4時間後、排水した後の洗濯槽を撮ってみました。
リセッターを排水後の洗濯槽
こんな風に洗濯槽の底に残るカスを見たのは、初めてです。


その後、通常の洗濯コースで洗濯機を回します。
大きいヤツが登場!
すると・・・大きな水アカが出てきました!

この後もいくつも出て来たものの、水流で細かくなってしまいました。

終わった後の糸くずフィルターは、
お見苦しい写真なので、大きいサイズは省略します(笑)
終わった後の糸くずフィルター
ドッサリ!!という感じでは無かったけれど
この洗濯機を使い始めて、一番多く汚れが取れました。

この洗濯槽クリーナーを使ってから1週間が経ち・・・。

再び「洗濯槽快」を入れて洗濯している効果もあると思うのですが
糸くずフィルターにたまる糸くずが激減したのです。

今まで糸くずフィルターにたまっていたのは、水アカ+糸くずだったと
洗濯槽クリーナーで大掃除してから、気付きました。

2~3か月に一度の継続使用がおススメだというので
2カ月に1度使ったとしても、ひと月当たり250円。
コストとしては、そんなに高くない気がします。

この洗濯槽の大掃除レポ、本当は梅雨入り前にアップして
「本格的な梅雨の季節の前に、お試しください~!」としめるハズだったのに

今年は梅雨前線に先を越されてしまいました・・・。

でも今からでも遅くはない!(笑)
部屋干しの洗濯物のニオイ防止にも、ぜひお試しください~!

---------

追記:昨日、今日と部屋の湿度が75%の中で部屋干ししてるのですが、
なかなか乾かなかった厚手の服も、生乾きのニオイ無しでした☆
スポンサーサイト
洗面所・ランドリー | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。