--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/06/11.Sat

10日で美味しい梅ジュース、1日目。

梅ジュース作りに、入ります!
いよいよ梅ジュース作りの、1日目です。

※これまでの過程は、以下をクリックするとご覧いただけます。
 ◇梅ジュース作り、0日目

準備するものは、
・青梅1kg(へたを取り、丸一日冷凍したもの)
・上白糖1kg
・果実酒びん4L

梅は多少黄色く熟している実でも大丈夫ですが、
ジュースが出来上がった後の発酵の進みにくさを考えると
なるべく青梅を使った方が、失敗は少ないと思います。

砂糖も、レシピによっては氷砂糖やグラニュー糖など様々ですが
クセがなく、子供にも飲みやすいスッキリとした味となったのが
去年グラニュー糖と間違えて買って来た(笑)上白糖でした。

なので、今年は迷わず上白糖をチョイス。

果実酒びんも、梅と砂糖1kgずつだと4Lサイズの半分程度です。
この後砂糖が溶け始めてからは、毎日揺すって早く溶かすため
保管場所に余裕があるならば、このサイズがおススメです。

果実酒びんは、あらかじめ熱湯消毒をして乾かしておきます。

びんに凍らせた青梅を、底が隠れる程度入れます。
まず青梅を、びんに入れます。

次に、青梅が隠れる程度に上白糖を入れていきます。
次に、砂糖を入れていきます。

その上に、また青梅を同じように。
そしてまた、青梅を

こんな感じで、だいたい3回に分けて入れました。
青梅と砂糖が全て入りました
凍らせた青梅で、びんが冷たくなるので弟が遊んでます(笑)

この青梅が溶けるまで約半日くらいは凍った青梅がとけて結露し、
びんの外に水滴がつくのでタオルを敷いておくと床や棚が濡れずに済みます。
水滴が垂れるので、タオルを敷いて。

直射日光の当たらない、涼しい場所に置いておきます。

この青梅と砂糖はどんな風になるのか・・・また明日をお楽しみに!
スポンサーサイト
梅ジュース作り | Comments(5) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。