--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/07/26.Tue

使いきれない野菜を、フリージング

この野菜を使う、といえば?
いつからか我が家では、毎週金曜日の夕食は決まってお好み焼きです。

保育園では頑張って給食を食べる分、家じゃ嫌いな物は「食べん!!」と言い張っていた弟。
特に野菜に拒否反応だった弟が、喜んで食べたのがお野菜たっぷりのお好み焼き。

キムチの味に目覚めたのも、にらのお味噌汁も食べれるようになったのも、
始めは野菜嫌いの弟に野菜を食べさせたくて週に一度作っていたお好み焼きは
いつしか家族みんなが「一週間頑張った~!」のごほうびのような存在に。

そして高知でも、ここに来ても、生協の配達日が金曜日なので
お好み焼きの野菜は毎週、新鮮な物が届くように注文していました。

ところが、先週の金曜日は夫が飲み会で不在。
土曜日も用事があって、夕食は外で済ませ・・・。

実は日曜日から、夫だけ先に帰省しているんです。

夫の夏休みが取れるのは今週のみ。だけど今月末まで私はラジオ体操係(笑)
兄も通っている塾の夏期講習があるため、帰省は来月からと思っていました。

だけど帰った先では、きっとみんな別行動になるよね・・・という話になり
今週一週間、何だか『逆単身赴任』みたいな感じで暮らすことに。

日曜日に夫が出かけて、今日で3日目なのですが
夫がいないと食材が減らないことに気付きました(笑)

そんなわけで、お好み焼きにしようと思った野菜は手つかずのままで
ねぎは先の方がしなびて変色してきたので、冷凍してみることにしました。

   + + +

実はフリージング、私はめったにやりません。その切る手間がめんどくさくて^^;
ちなみに食べきれないお肉の冷凍もパックごと(笑)本当は良くないんですよね。

パンパンな野菜室から、根菜を除いてダブっていたり傷みやすい野菜を取り出すと
写真の野菜の他にも、レタスが2個ありました。
だけどレタスはフリージング向きでは無いので、サラダやチャーハンで消費することに。

にらはざく切りにして、薄く広げてフリージングします。
にらはざく切りに。
フリーザーバッグを再利用するために、
マスキングテープに冷凍した日付と内容を書きました。

キャベツは一玉を、5cm角とお好み焼き用を合計4袋に分けました。
お好み焼き用にみじん切りにしたキャベツ
分量の目安に「2人前」と書いてます(笑)

長いもは、とろろや短冊にしても食べるのですが今回はお好み焼き用として、
夫のお母さんに冷凍しておくと便利!と教えてもらった方法を試すことに。
長いもをおろしたもの
すりおろした状態で、冷凍しておきます。
後から半分ずつ小分けにすれば良かったと、ちょっと後悔。

ちなみに野菜は冷凍に時間がかかると、細胞膜の壊れが大きくなり
解凍後の食感が悪くなるそうなので急速冷凍がポイントだそうです。
冷凍待ちの野菜
そこで冷凍室内のアルミ皿で1袋ずつ冷凍させている間
冷凍待ちの野菜は、冷蔵室に入れました。

だいたい2時間弱で凍ってパラパラになり、
フリーザーバッグの上半分を折って、コンパクトに保存しています。

ところで今回私が使っているフリーザーバッグ。
100均で購入したものですが、ファスナー付きを使っています。
お米の小分けにも。
お米の小分けにも、我が家では活躍しています。

密封度に関しては、指で押さえるタイプの方がしっかりしているかもしれないけど
毎日活用するための、使いやすさやお手軽さは私はこちらの方が気に入っています。

そんな我が家のフリージング大作戦、野菜室はスッキリしたけど
代わりに冷凍庫がパンパンになりました~(笑) 
スポンサーサイト
キッチン | Comments(2) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。