--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/02/04.Sat

北欧の食器との、付き合い方。

朝食後の風景。
朝食後の食器たち、カウンター代わりのスタッキングシェルフの上に。
パンの人、お茶碗の人、スープだけの人、入り乱れてます(笑)

初めてのティーマのマグを使い始めたのは、確か去年の春のことで、
カルティオやその他の北欧のテーブルウェアは我が家に来てまだ数ヵ月。
それなのにずっと前から使い続けているような気持ちになる佇まい。

今まで使って来た食器にあった「○○はいいんだけど、××がちょっと・・・」
といったちょこっとした『××』の部分、それが使っていても無いんですよね。
ティーマのマグなら、持ち上げる時の取っ手の厚みや太さがちょうど良くて
不思議とどんな食器の隣に置いても、邪魔じゃないのに存在感があるような。

小さな社宅で食器棚を持たずに暮らしているので
食器はシンクの上の棚に。
食器の数はここに入るだけ、と決めています。
料理に合わせて器を選ぶほどの腕でもないし、これで充分!

・・・のはずでした(笑)

だけど、まだ真っ白の食器を揃えるのがイイ!と思っていた頃は
こういった食器を見てもピンと来なかったはずなのに

だんだんと、その素朴な味わいがジワジワと(笑)


キャラものは、アンパンマン卒業で終了だったけど

今では私が愛用中♪(写真は次に狙うマグ。笑)

北欧のテーブルウェアは我が家にとって、揃えるには勇気の要るお値段です。
初めてティーマのマグを買った時も「ホントに買って良かったのかなぁ・・・」
と品物が家に届くまでは、ちょっぴり後ろめたい気持ちがありました。

実際に手に取ったら、そんな気持ちは吹き飛んでしまったけれど(笑)

ゆっくりと少しずつ集めていこうと思っていたのですが
詳しくなるにつれて「限定品」や「廃番品」があることを知りました。
ビンテージで購入したプレートは別として(そのときの記事はこちらです⇒

我が家にあるものでいえば、2010年のムーミンマグに
ティーマのオリーブグリーン、そしてアルメダールスのフィッシュ。
アルメダールスのフィッシュマグ
ずっと長く、大切に使い続けていきたい。
そう思える食器に出会えて良かったと思っています。

だけど、もう手に入らない物を自分で持ってる満足感を知ってしまい・・・
これからも続くその「限定」にどう向き合うのかが難しいところですね(>_<)

(>_<)←の顔が示してるように、既に負けてしまった私(笑)それは、また次の機会に!

たくさんの応援、ありがとうございます!
今日もぜひ最後にポチっとお願いします♪

ブログランキング・団地・アパートインテリアへ
ブログ村 シンプルライフ
スポンサーサイト
暮らしの中で思うこと | Comments(2) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。