--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/12/02.Fri

窓ガラスの結露に、毎朝の習慣。

今朝の我が家の窓。
今朝の我が家のリビングの窓。
12月に入ったとたん、冬到来!って感じの寒さですよね。

築年数の古い社宅ばかりに住んでる我が家ですが
毎年冬になると、窓ガラスの結露に悩まされます。

高知で住んでいた社宅は、最初の頃は昔ながらの鉄の窓枠で
ガラガラガラ~~~とものすごく重たい窓でした。
パッキンというものが無くて冬はすき間風がピューピュー入り
部屋は寒いんだけど、そのすき間風のおかげか、結露知らずでした。

だけど、その鉄枠のガラスを全戸アルミサッシにすることになる
きっかけを作ったのが、我が家の「怪獣」弟。
怪獣弟、1歳。
写真を探したら、ありました!チビ助の後ろにあるガラス窓が、古い窓です。
この年の冬の最中に、この窓ガラスを突き破って大ケガをしたのでした・・・。

そして見事ワイヤー入りの補強ガラスのサッシとなり
気密性は良くなったけれど、冬は結露でレースのカーテンがカビてしまい
それ以来、普段は窓ガラスの掃除はめったにしない私ですが(笑)
結露が出来るようになってからは、ずっとこの習慣だけは続いています。

窓ガラスに新聞紙をペタっと貼り付けていき
窓ガラスに新聞紙を貼り付けます。

新聞紙にしみこんだら、その新聞紙を丸めて
クルっと丸めてふきふき。
残っている結露の水分をふきふき。

時々その新聞紙でベランダの外からふきふき。(あくまでも時々です・・・笑)
そしてゴミ箱にポイっと。終わり。

ワイパータイプの物なども試したことがあるのですが、
後片付けや保管場所を考えると・・・新聞紙に落ち着きました。

この結露をふき取る朝の習慣は、3か所の窓ガラスで合計10分くらい。
おかげで窓ガラスはいつもキレイなので、
我が家で窓ガラスの大掃除をする時期は、家庭訪問の前です(笑)

そして去年から、この窓に新たに加えたものが。
白いプラダンを立てかけてます
カーテンと窓の間に、白いプラダンを立てかけています。
(ベランダの壁が汚いのは見なかったことに・・・ケルヒャー欲しい~笑)

今の住まいは、カーテンレールから窓までの間が狭くて
カーテンが常に窓ガラスにくっついた状態なんです。
これだと、結露=カーテンにカビまっしぐら。

そこで、去年別の用途で買っていたプラダンをそのまま立てかけてみると
カーテンしちゃえば、目立たない!
思ったより目立たないことに気付きました。
もともとのガラスも、すりガラスで外は見えないし。
そして窓からの冷気もこのプラダンでシャットアウト。

結露知らずのお家に住んでみたいなぁ~と思いながら
またまた仕事の合間に脱線して(笑)不動産のページを見ては
「家賃・・・高すぎる(>_<)」と夢は見事に撃沈したのでした。
リビング・ダイニング | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
タイトル
シーズン到来ですね~
わが家は気密性イマイチのため、意外と結露がすごくはないんですが、それでも寝室にしている和室の結露が気になります。
私も新聞紙でペタッと派です! 新聞紙ながらいくらでもあるし。
それに結露用のテープを貼るくらい。
昨日、去年の買い置きの結露テープを発見したんですけど、悪天候を良いことにやってないんですよね~
ところでプラダンは思いつかなかったですよー
リビングの隙間風にプラダン! 目隠しにもなるプラダン!
週明けに自分時間ができたら、ホームセンターに行って来ま~す(●^o^●)

それと、遅ればせながらのコメントですが、トイレットペーパーのクリスマス、とっても素敵です☆
家の中のあちこちにクリスマスがあると楽しいですね~
ひいらぎさんへ
結露テープ!!うちも去年買ったものの、貼るのめんどうだなぁと思っていたらシーズンが終わりました(>_<)
物置きにまだ入っているハズ・・・お天気良くなったら試してみようかな(笑)
このお天気で洗濯を部屋干しすると、しばらくして窓が曇ってきます。
あと、鍋物すると次の日結露がすご~くて(笑)新聞紙大活躍です。

プラダン便利ですよ~♪シーズンオフの時は軽いのでタンスの後ろに
立てかけておきました。ほこりっぽくなってたけど水ぶきですぐキレイに☆
ぜひぜひお試しください(*^_^*)

トイレットペーパーのクリスマス、私は気に入ってるけど
夫は「紙足りなくて困ってる時にゆっくり見てる暇無いよ」と(T-T)
いや・・・それ以外の時は目に入らんのか!!(笑)
男の人って、ひいらぎさんちと同じく見た目より使い勝手ですよね・・・。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。