--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/01/12.Thu

レシート入力は、このアプリから連携!

レシート入力は、このアプリから!
今年こそ、iphone5が出たら(出るよね・・・?)スマホデビューを目論む私。

お買い物の後もらったレシートを片手に、iphoneのアプリを起動。
サラサラッとレシートの内容を入力してiphoneはバッグに。
レシートはお店のゴミ箱にポイっと!

・・・なんて「スマート」なの!!(笑)

お財布の中でお札より厚かったレシートともお別れ出来るし
レシートが無くて、いくらだったか悩まなくてもいいし
私の今年の目標『溜めない』に、まさしくピッタリ♪

というわけで、スマホデビューをするまではせっかくなので
手元にあるipadでスマホ気分を味わおうかなと思います(笑)

前々回ご紹介したOCN家計簿には、アプリと連携出来る機能があるのです⇒
zaimみんなの家計簿
zaimみんなの家計簿というアプリです。
現在はiphone版のみなのかな?Androidにも対応予定とのこと。

支出カテゴリーも豊富で、新たに設定する必要はなさそう。
豊富な支出カテゴリー

カテゴリーを選んだ後の入力画面もこれだけ。単純明快です。
入力内容もシンプル。

そしてOCN家計簿を開いてみると「家計簿リスト」の明細欄には
zaimアプリからの入力が連携されます。
セゾンカードと並んで「zaim」という文字が見えますよね。
これがzaimアプリから入力した支出が反映された状態です。

zaimアプリの入力は、OCN家計簿のログイン時に自動的に反映されるので
これを使うと事実上、OCN家計簿からの手動入力はゼロとなります。
zaimアプリは現金で買った物だけの家計簿と割り切って
OCN家計簿で、カードと現金支出(zaimからの)の合計額を確認。

我が家のお金の流れを、まざまざと見せつけられる結果に(笑)

そうそう、前々回の終わりにちらっと触れたのですがOCN家計簿では
クレジット会社からの売上とアマゾンなどのショッピングサイトの売上
そして銀行からの引落しの金額がダブって計上されています。

つまり、アマゾンで1,000円の本を買ったとすると家計簿リストには
・アマゾン  -1,000円
・カード会社 -1,000円
・銀行(翌月)-1,000円(実際はカード利用の合計額)
というように、負債が3倍になってしまうのです。

OCN家計簿に登録出来ない楽天などのショッピングサイトからの購入や
普通にカードで購入した場合などは、カードと銀行引落が重なることになります。

現状では、そのダブりを解消するためには
計算対象の○をクリックして、計上から外します。
この家計簿リストの一番左にある「計算対象」の○印をクリックすると
グレーに反転して、負債の計上から外れます。

そんなわけで、我が家の家計簿はこんな感じで付け始めています。
もちろんOCN家計簿からもレシートや現金で購入した費目の入力をすれば
アプリと連携しなくても、同様の付け方が出来るのでぜひお試しくださいね!

楽しく無理なく続くといいなぁ・・・家計簿♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
暮らしの中で思うこと | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。