--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/01/16.Mon

超シンプル、我が家の年賀状整理。

年賀状も、一段落。
我が家に届く年賀状も一段落。
いつもはお年玉付き年賀はがきの抽選の頃に整理するのですが、
今年はちょっと早めに、我が家の毎年の習慣をご紹介します。

我が家の年賀状の保管方法は、超シンプルです。

輪ゴムで束ねた、この状態で引き出しに。
取っておくのは2年分。
保管するのは今年のと、前年の2年分。

これから来年の年賀状を書くまでの間に、転居や出産のお知らせなどが届いたときは
今年の束の一番上に、保管します。束の中からその人のを探したりもせずに、そのまま。

そして、秋になり喪中を知らせるハガキが届き始めたら
我が家の年賀状の準備が始まります。
喪中のお知らせと、年賀はがきを分けて保管。
いただいた喪中の方の年賀状と、喪中のお知らせをセットに
「年賀欠礼」と書いた袋に分けてしまっておきます。

この時「年賀欠礼」袋には、前年喪中のハガキが入っているので
ここに入っている方の年賀状を【今年】の束に一緒にします。

合わせて、転居のお知らせをいただいた方の年賀状などもセットにまとめておきます。

そしてまとめられた【今年】の束は、来年分の喪中の方が分けられて
・前年喪中で出せなかった方の分
・今年の途中で住所が変わられた方の分
・いつも通り年賀状を出す方の分
これが、来年分として年賀状を作成するおおよその枚数となります。

この年賀状を見ながら、私は毎年宛名を印刷しています。
宛名ソフトに保存しているのは、私たち差出人の情報のみ。
年賀状を出す宛先は、保存せずに1件ごと入力→印刷を繰り返します。

これは、年賀状で住所の変更を知らせて来る方もいらっしゃるので
保存情報のままで古い住所に送ってしまった事があったからなんです。
そうなると、1件ずつ確認しながら印刷ボタンをクリックする手間と
あらためて宛先を入力する手間がほとんど変わらないことに気付き
間違いを防ぐために、入力→印刷の方法を取っています。

そして、宛名を入力しながらその方の年賀状をもう一度見て
「こんなこと書こうかな」と手書きで添える一言メッセージを
考えるちょうど良い時間にもなるんです。

・・・もっと早く紹介すべきだったかも(笑)これからお試しください~♪

とっても簡単、シンプルだけど確実な、我が家の年賀状整理のお話でした。

   + + +

ちなみにお年玉年賀はがきの抽選がもうすぐですが、
それもこのサイトが便利です~!
「大当たり」お年玉年賀はがき当選番号チェックサイト
抽選日は1/22。我が家はいつも切手シートで終わります・・・(>_<)

ちょっとはタメになったよ~と思っていただけたら
ぜひ最後にポチっとお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
整理・収納 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。