--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/02/08.Wed

引越し先で、困ること。

お医者さん探しって、難しい。
新しい場所に引越して困ることのひとつ、お医者さん探し。
特に今まで住んでた場所で、良い先生に巡り合えて満足度が高いほど
次の場所でのお医者さん探しには、困難を極める気がします。

夫が今、腰の痛みで通っている整形外科は近所なのですが
最初は弟が幼稚園で転んで手首をひねった時に連れて行きました。
診察室に入り、症状を説明して「痛いところは?」と聞かれたので
「この右手の・・・」と私が言いかけたとき

「お母さんが痛い訳じゃないでしょ」と、ピシャリ。

そうきたかー!いたいた、子供の頃の近所の内科の先生だ。
私を連れて行くたびに、母が症状を説明しようとしては
「この子は口が無いのかね?自分で言いなさい!」と言われて。
以来、具合が悪くなると必死に市販薬で治そうとするようになった私(笑)

昨日も歩けない夫を連れて行き、私が待合室で待ってる間に
夫が処置の途中で呼ばれたおばあさん、膝が曲がらないと受付で話してたのですが
「どんな時に痛むの?」「これが・・・(待合室からだと聞こえない)」
「膝が曲がらないって言うけど、曲がってるじゃない」
「痛むのはどんな時?・・・普通?普通って何してる時か分からないでしょ!」

・・・うわぁ、毒舌(>_<)

ここの整形外科、周りではすこぶる評判が悪いです(笑)
整形外科というと、腰やひざの痛みで電気かけに通って来る
おじいさんおばあさんで平日の午前中はごった返してるイメージなんだけど
ここは会社でケガした人とか、何言われてもへっちゃらなおじいさんばかり。

だけど診断は的確だし、きちんと見通しを話してくれる先生なので
弟の時も「一週間くらいで痛みが引きます。そうじゃなかったらまた来てね。」
と直接話してくれて「お医者さんの言った通りに痛くなくなったよ!」と。

毒舌さえ何とかやり過ごせば、近くだし、空いてるし^^;
夫が通う事になった時も医者嫌いの夫に攻略法を念には念を入れて
「とにかく痛い所だけを伝えて、余計なことは絶対言わないで!」

・・・それでも毎回「一言多かったらしい」としょげて出てくる夫(笑)

私が高知の頃にぎっくり腰になり、東京への帰省を翌日に控えていて
診てもらえる整形外科が、その時も評判の良くない所しか空いてなくて
その日は「大変だね」と親身に診てくれてギプスをしてもらいました。
みんなが言うほど悪い先生でもないじゃん・・・と思いながら2週間後に。

全く私を診察したことを、覚えてませんでした!

私を見るなり、いぶかしげな顔をしてカルテを読み「へぇ~」
自分で書いたんじゃないの??(怒)
いきなり看護師さんに「この人、コルセットはどうなってるの?」
「もう2週間以上経ったら、何もやりようが無いからコルセット作って」と私に。

作りませんでした、もちろん!

評判悪いって、こういうことだったんだ・・・と空しさに泣けました。
ちょっとでも良い先生だと思ってしまった自分が悔しかった。
藁にでもすがる思いでつかんだ藁は、やっぱり藁だったのかぁ。

だから今の整形外科の先生は、ぶっきらぼうだけど軸はブレてなくて
痛みに耐えながら更にピシャっと言われるのはキツイけど(笑)
私は悪くない先生だと、思います。

   + + +

ほかにも小児科や耳鼻科、皮膚科に歯医者などなど、今までも
引越し先で社宅の人やママ友に聞いていろいろ行ってみたけれど
私たち家族にとってもイイ!というお医者さんばかりではなくて・・・。

近くだから、空いてるから(混んでるから)
とりあえず行き始めたからなんとなく
誰かに聞いて良いって聞いたから     などなど。

今通ってる整形外科にしても、みんなは絶対行かないって言うし^^;

自分たちにとって「この先生なら安心できる」という気持ちになる
お医者さんを選ぶのって、なかなか難しいですよね。
きっとようやく見つかった頃、引越しになってしまう予感(>_<)

歯医者さんも、ちゃんと探さなくちゃなぁ・・・。

昨日の記事、普通にインテリアのことを書く予定であんな終わり方になるつもりじゃなかったけれど
変わらず応援していただけて嬉しかったです(*^_^*)
明日はキッチンとリビングの間仕切りにしてるスタッキングシェルフのことを!


たくさんの応援、本当にありがとうございます!
今日もぜひ最後にポチっとお願いします♪

ブログランキング・団地・アパートインテリアへ
ブログ村 シンプルライフ
暮らしの中で思うこと | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
タイトル
こんにちは!
病院選びって、本当に大変ですよね^^;
腕がいい先生って、毒舌な方が多いような気がします。
近所の耳鼻科の先生は、腕は確かなんですが、
子供が泣くと『泣くな!動くと見えんろーが!』
とか、3歳の子にも容赦なく怒鳴りつけます。
でも腕がいいので、イラっとしながらも行きます(´-∀-`;)
あと、『風邪ひいたみたいで・・』なんて言ったときには、
『病名はこっちが決めるんだろうが!わかってるなら来るな!』なんて
言う先生も。。
転勤がある方は、本当に大変なんですね!
引っ越すたびに色々探すのって、本当に大変そう・・
その分家族の絆が強くなったりするんですかねぇ?
転勤族のかたって、家族がとても仲のいいイメージがあります^^
タイトル
お医者さん選び(?)ってホント大変ですよね。
息子の通う小児科も、ホントに毒舌な
いちいちいや~な言い方しかできない
おじいちゃん先生です。
評判は、、いつ行ってもガラガラなので
悪いのでしょう(笑)
わたしも、家から一番近くて空いているから行っているのですが。。
できればもう少し親身にちゃんと話をきいてくれる
先生がいいですよね☆☆☆

シュウカさんへ
こんにちは!

お医者さんって、職人気質な先生どこにもいますよね^^;
『病名こっちが決めるんだろうが!』の先生、いました~(>_<)
「お腹の風邪で・・・」って言ったら「お腹の風邪なんて病名は無い!」(笑)

引越しの度に初めてお医者さんに行く家族がお試しの状態で^^;
それが良ければ他も行くけど、それでう~んなら他を当たる感じです。
歯医者さんが今、そのう~んなんですよ・・・早く探さないとと思いつつ
何故か子供たちの友達、虫歯が無いらしくて(笑)
かなでさんへ
こんにちは~!

小児科の先生なのに、子供嫌い?の先生いますよね・・・。
だけど具合が悪いのに長時間待たされるのも
逆に親子でグッタリしちゃいますよね~(T-T)

うちは以前空いてるから~と行った病院の小児科で
1人しか待ってなかった子に水ぼうそうを移されたので(>_<)
それからは隔離待合室のある小児科に行くようにしてます。
おたふく風邪も、母になってからかかりました^^;

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。