--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/01/17.Thu

「捨てられなかった」私なりの、『ゆる断捨離』への道。

ブログを始めてから、時々過去の写真を使って説明したいと思って古いHDDを探してみたりするのですが・・・

部屋のインテリアの様子が分かる写真がナイ!!

というのも、本当に今の社宅に引っ越して来るまでは捨てられなくて増え続けていく物を棚やボックスなどの収納物を増やすことで制御してた私。
ホントに「整理」という言葉より「制御」が合ってました(笑)

目指すは無印のユニットシェルフをずらりと繋げて、無印のお店みたいに整然とシステマチックに収納する感じだったのですが、
実際は「生活感があふれてごちゃ〜っと」した感じ><
自分でもそれが嫌いでカメラを向けたくなかったんです。

もったいない、まだ使える、いつか使う時がくる

そう思って持ち続けているのに、その様子が嫌いだなんて。
当時の私も自分の中に矛盾する気持ちがあると分かっていながら、
すっぱり処分する勇気が無かったんです。

その悪循環を断ち切るきっかけとなったのが、今の社宅への引っ越し。
トータルで約14畳のスペースが無くなる計算で、単純に8畳と6畳に置いてる物は入らないってこと!?と私たちは大騒ぎ^^;

会社の近くで、当時の住まいと同規模の賃貸物件も探してみました。
それが想像以上に少ない&高くって><
パソコンの画面を見ながら夫と話しているうちに、ふと

「社宅の家賃と賃貸の家賃の差額を、この8畳と6畳に置いてる家具や物の為に払っていくようなものだよね」

私の中にスコーンと、断捨離の神様が降りてきました(笑)
とはいっても「捨てられない性分」が災いして、残すもの・処分するものを分別するのに時間がかかるわ、「もったいない」と思う自分を「捨てちゃうぞ!」って納得させるのに頭を使いすぎて、連日夕食の頃には抜け殻のように^^;

限られた時間、なるべく迷う時間を減らして分別できるように
自分なりの断捨離のルールを決めることにしました。
それが負担の少ないゆるい断捨離、『ゆる断捨離』。

『ゆる断捨離』のルールは、あくまでも最初のハードルは低く。
私が引っ越しの時に自分に課したルールは、その物の判断に迷ったとき
・引っ越し先で粗大ゴミの区分になるものは処分
・3000円以内でもう一度手に入れられるものは処分
・思い出の物はじっくり向き合える時に保留(転勤時に判断はしない)
このルールだけで、あとはポンポン段ボールとゴミ袋に分けていく。
単純なルールだけど、ものすごいスピードアップに(*´∀`*)

おそらくこの判断だけだと、引っ越し先では満杯になってしまうだろうと思ったので、衣替えや子供達の夏休み・春休みなどの物の出し入れがある時期を利用して、ルールのハードルを上げながら続けていきました。

そしてこの社宅に来て2年ちょっと経ち、
昨日の本の整理(これで4度めくらいだと思います)で
130117.jpg
今日の古紙回収に出すもの、ブックオフへ持っていくものを取り出し

とうとうこのベンチボックスが空になりました!
1301172.jpg
これも、見た目はまだキレイだけどフタの部分が壊れかかっていて
バターンと閉まってしまい何度も指を挟んだので><
次回の粗大ゴミの日に出す決心を・・・夫はしてくれるかな?(;゚∀゚)

ハードル低く、数ヶ月単位で徐々にアップしながらの『ゆる断捨離』
すぐにスッキリ効果は現れませんが(笑)
気軽な気持ちで始められますよ〜〜(*´∀`*)♪

お知らせ
年末からお待たせしてしまっているコメントのお返事を
今日から少しずつお返ししていきます!
お待たせしてしまって、本当にごめんなさいm(_ _)m


ここ数日のクリック数にビックリです!!ありがとうございます!
みなさんの応援にとーーっても励まされています(*^_^*)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
整理・収納 | Comments(1) | Trackback(0)
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。