--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/05/25.Wed

電灯の消費電力を、208W→57.8Wに (後編)

懐かしの、白熱球
交換で外した、懐かしの電球です。レトロな感じのフィラメントがいいですよね~。
昨日の記事に引き続き、今日は後編です。前編はコチラからどうぞ⇒


LED電球について、みんなが思うことって

消費電力が圧倒的に少なく長寿命なのが利点だけど、値段が高いのが一番のネック。

電球型蛍光灯が売り出された時も、
「コレ1個で普通の電球10個、買えるよね~」と夫と話した記憶があるのですが
LED電球だと、その電球型蛍光灯が2~3個買える値段になってしまいます。

そしてLED電球には、いろいろと欠点があることも分かりました。

・メーカーによって、光色や光の広がりにばらつきがある
・普及帯価格(2000円前後)のLED電球は、お風呂ではNG
・視線の届く範囲の電灯では、光線が目に眩しく使えない!

        ---------

左側がトイレ用に購入した電球型蛍光灯40W型
右側が無印のフロアライトに付属のLED電球の箱です。
明るさを比較する数値「ルーメン」
今まで電球を選ぶ時、40Wや60Wなど「W」で選んでませんでしたか?
LED電球の箱には、Wの表示が無いものもありました。

この時初めて知ったのですが「lm(ルーメン)」という明るさの単位があり
LED電球は、ほとんどそのルーメンで表示されていて
電球型蛍光灯や白熱球にも、実はその表示があったのです。

40Wの電球を例にすると・・・

1.昔ながらの電球だと、485ルーメン
2.電球型蛍光灯(昼白色)だと、465ルーメン
3.電球型蛍光灯(電球色)だと、485ルーメン
4.LED電球(電球色相当)だと、420ルーメン

私見ですが、この電球を見て明るい順に並べると4→2→1・3になります。
本来ならばlmの数値が大きいほど明るいはずなのに、実際に見てみると
一番数値の小さいLED電球がとても明るく感じます。

同じ電球型蛍光灯でも昼白色の方が明るく見えるように
LED電球が明るく見えるのは、光の波長の違いなのだと思います。

そして、このLED電球の一番の問題点が「眩しいこと」なんです。

        ---------

昨日の記事で紹介した、無印のフロアライトに付属のLED電球で
家の中で使うとどんな感じになるのか、試してみることに。


キッチンには22Wの電球型蛍光灯がついています。
ここをLED電球に替えると消費電力が6割以上カット出来るので

キッチンにはLED電球を採用することにしました。


ところが、リビングの照明をLED電球に変えてみると兄が
「眩しくて目が痛い・・・」
とうとう頭痛まで起こってしまった兄。

LEDの光線は、直線的なので眩しく感じる人が多いそうです。
視線の届く範囲では、使わない方が良いことが分かりました。

買う前に気がついて良かった!


さらにパッケージを見ると、
湿気の多い場所や、お風呂のような密閉型器具には使えないとの注意書きが。

LED電球の中には回路が組み込まれているので、湿気や水気の多い場所や
熱を放出出来ないような、ふさがれた器具では使えないそうです。

というわけで、値段も高いし
お風呂とトイレは電球型蛍光灯を使うことにしました。
【3500円以上お買い上げで送料無料】☆東芝 ネオボールZ リアル 40Wタイプ 電球色

東芝 ネオボールZ リアル 40Wタイプ 電球色
価格:555円(税込、送料別)


電球型蛍光灯も、40W型なら消費電力が8Wなんですね。
しかもお値段もだいぶ安くなりました。

        ---------

というわけで、我が家ではLED電球を2個と電球型蛍光灯を4個買い、

キッチン 22W→7.8W(65%減)LED電球に交換
リビング 24W→12W(50%減)電球型蛍光灯2灯を1灯にして使うことに。
玄関   40W→6W (85%減)センサー付きLED電球は、便利<値段・・・(笑)
トイレ   40W→8W (80%減)電球型蛍光灯に交換
お風呂  60W→8W (87%減)電球型蛍光灯に交換
洗面所  22W→16W(27%減)22Wの電球型1灯を8W×2灯に

トータルで単純計算ですが、208W→57.8Wに節電できるハズ。

この節電効果が電気料金にどれだけ反映されるのか、
去年は高知にいたので電気の使用量で比較出来ないんですよね・・・。

ちなみに、普段からほとんど点灯しない子供部屋やリビングの北側の和室
この二つの部屋の電灯は今回計算には入れませんでした。

我が家の場合、玄関・お風呂・トイレが白熱球のままだったので
それが一番大きいと思います。

        ---------

今回も長くなってしまいましたが・・・

LED電球、まだまだ万能ではないというのが、正直な感想です。

電球型蛍光灯も、40W型ならば消費電力がLED電球並みなので
多少暗くても大丈夫な場所は、それに替えるのがおススメです。

そんな我が家の、失敗のような成功のような(笑)節電のお話でした!
暮らしの中で思うこと | Comments(6) | Trackback(0)
Comment
よねこさん、こんにちは!
我が家はまだまだ節電できそうなところがいっぱいですが、照明も候補にしたいなぁと思っていたところだったので、グッドタイミング!と大喜びしちゃいました(*^^*)
直接目に触れると眩しいとか、実際使ってみないとわからないですもんね。
いつも参考にさせてもらってありがとうございます><
これからも楽しみにしてまーす!

うし子さん、こんにちは!!
LED電球は高いので、試しにひとつ・・・っていう勇気が
なかなか出ないですよね(>_<)
白熱球から電球型蛍光灯のように、単純に替えて
同じような感じには「眩しさ」とか「色合い」など
出来なかったので、みなさんの手掛かりになれば思って
記事にしてみました♪
うし子さんに参考にしていただけたみたいで、嬉しいです^^
ありがとうございます~☆
no subject
よねこさん、こんばんは☆
今回の記事もす~んごく分かりやすかったです。
周りの人にも伝えれるようにと何度も読み返しました。
LED電球確かに眩しいですね。
うちでは深夜につけてるフロアライトに使ってます。
間接照明というか天井に向かってるのでいい具合ですが…。
私が住んでるとこは計画停電などの影響は全くなかったけど電気代を下げたいこともあってとっても参考になりました\(^o^)/
ありがとうございます☆

coyukiさん、おはようございます~になっちゃいました^^;
後ほどアップしますが、久しぶりに集中して作り物を
したので子供と一緒にzzzでした(笑)

LED電球、私もフロアライトで壁に向けて点灯させてますが
良い感じですよね^^
間接照明にはおススメだと思います♪
きっとこの1年のうちに、値段ももっと下がるし
眩しさについても、低減させたLED電球を発売している
メーカーもあるので、もっとこなれてから買っても良いですよね☆
参考にしていただけて、私も嬉しいです~♪♪
no subject
よねこさん、こんにちは。
電球。大変わかりやすくて、へ~。って読ませていただき、勉強させて頂きました。
こんなに効果あるのなら、我が家も節電対策に電球を買い換えようと思います。
節電効果あるのに、LED電球のほうが眩しいなんて・・・。使い比べてみないと分かりませんよね。
もっとお高いと思っていたので、全然手を出す気がなかったのですが、意外と安くなってきているんですね^^

あ、先日洗濯機のカバーをなさっていたのを我が家も真似てみました。なかなか良いですね。
こんど日記に書いてみようと思いますが、リンクしたらご迷惑ですか??

beaさん、こんにちは!
LED電球も、電球型蛍光灯もだいぶ安くなりましたよね☆
スイッチを入れたら電球型蛍光灯は点灯するまで
ちょっと間があって、慣れるまで「あれ?」っと
思いました(笑)
beaさんのお家は小さなお子さんがいらっしゃるので
LED電球をお使いになるとしたら、お子さんが直接
見ない場所をおススメします。
「肉眼で太陽を見てはダメ」と同じ感じです^^

リンクの件、大歓迎です!ぜひぜひお願いします♪
beaさんがどの柄を選ばれたのか、楽しみです☆

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。