--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/03/02.Wed

転勤・・・父の背中を見て、子供たちが思うこと

気持ちいい青空!
ようやく晴れて、洗濯物を外に出しました。
青空と白いTシャツ、ぐっと来るコントラストですよね!
でも、ものぐさな私はこの洗濯物を取り込んだ後が長くて・・・(笑)


昨日の記事で半年前の転勤の内示が出た時の話をしたのですが
きっと今頃春の異動の内示を受けて「どうしよう!?」と、
思ってらっしゃる方もいると思い・・・。

今日は子供たちに転勤の話をした時のことを書こうと思います。

兄は小学校5年生、友達に「何でも知ってる○○くん」と慕われて
中学受験を目指して3年生の3学期から塾通いをしていました。

弟は保育園の年長さんで、あと半年で卒園。
兄を追いかけて4月から始めたソロバン教室が楽しくて。
さらに最後の運動会を翌月に控え、練習に張り切っていました。

夫の実家も社宅から歩いていける距離にありました。
「ごはんにおいでや」と頻繁に呼んでもらったり
子供たちを連れて栗拾いに連れて行ってくれたり
私の仕事が遅い時、体調を崩した時にも助けてもらいました。

転勤先は見ず知らずの土地。頼れる人もいません。
私の実家へも2時間ちょっとの距離。
そして近くには私立中学が無く、兄が一緒に行くならば
中学受験を諦めなければなりませんでした。

弟も赤ちゃんの時から6年通った保育園を離れ、
幼稚園へ残り半年間だけ入園することになりそうです。

友達と遊びたい気持ちをこらえて勉強をしてきた兄。
高知で生まれ育って、おじいちゃん、おばあちゃん子だった弟。

9月1日、2学期の始業式があった日の夜
早めに帰宅した夫が、二人に話しました。

「お父さんは一緒に来て欲しいけど、決めるのは君たちだよ。」

        ---------

絶句する兄に、ポロポロ涙を流す弟。

「仕方ないよね、また友達できるよね」と兄。
「いく~!ぼくもいく~」と涙声の弟。

「半年お父さんが先に行って、春休みに来るって方法もあるよ」
「運動会も、音楽会も、卒園式も、そして受験も、本当にいいの?」
夫と私は、あっさり付いて来ると言った二人に思わず聞きました。

「だってそれじゃお父さんがしんどい時にそばに誰もいないじゃん。
 ぼくたち家族でしょ?」
「ぼくも、運動会の練習毎日してるから本番なしでも大丈夫!」

夫は、自分の目標のために今回の転勤を希望していたため
自分のわがままに家族を巻き込む事になるんじゃないかと思い、
子供たちが躊躇したら単身で行こうと考えていたようです。

思いがけない二人の言葉に、嬉しい涙の夜でした。

        ---------

そして今の住まいに引越してきて、はじめの数カ月は
決して順風満帆な日々ではありませんでした。

特に兄は小学校高学年。思春期にさしかかり
自分の頭の中と心のバランスがゆらいでくる頃。

教科書も進度も、授業の進め方も、学校生活の全てが変わり
気心の知れた友達がいない、孤独感。

自分の人生には自分で切り拓いていく部分と
自分ではどうしようもできない流れに乗っていく部分があるとすれば

夫は今回、目標へ向かって自分で切り拓いていったけれど
子供たちをどうしようもできない流れに乗せてしまったんじゃないかと
笑顔の少なくなった兄を見て、迷う気持ちが出てきました。

悩み苦しむ子供に思わず言ってしまった事もあります。
「高知に帰ってもいいんだよ、今からでも遅くないよ。」

「いや、大丈夫。もうちょっと頑張ってみるから。
 お父さんも頑張ってるもんね。」

夫とお風呂に一緒に入れる時は、親子でお風呂の中でいろいろと
お互い悩みを打ち明け合っていたようでした。

兄はこの後間もなく学校で
「ぼくって、いつまでも転校生なのかなぁ」と打ち明け、
「大丈夫、オレが友達じゃないか」と言ってくれた友達と
今ではすっかり大親友に。

6年のクラス替え(毎年あるみたいです)を嫌がっています(笑)

        ---------

もしもこの転勤の時期があと1年遅ければ、
また兄が中学生になってからだとしたら
きっと単身赴任の形を選んでいたかもしれません。

遠く離れても、きっと親子の絆は変わらないし、
久しぶりに会った時間はきっと濃いものになるでしょう。

でも、これから先何年過ごすことになるか分からないこの場所で
子供たちは父の背中を見ながら、それぞれに考えていくはず。

そしていつかここで過ごした何年かのことを
「あの時はさ、こんなだったよね~」
とみんなで笑って振り返られるようになりたいと思っています。
転勤・引越 | Comments(7) | Trackback(0)
Comment
子供達に見えてますね 父と母の姿
よねこさん おはようございます

うるっと来るお話でした
お父さんの希望だったかもしれませんが
子供達と向き合って話したお父さん
お兄ちゃんの考えを聞いてあげて良かったと思います
難しい時期ですものね
こうして書けるまで大変だったと思います
ハーゲンダッツ以来、素敵に頑張るお二人から
時を経て子供達にとって頑張るお父さん、お母さん
なんか頑張ったお二人から今は、「良い家族」だなぁと感じます
子供達が育った高知の環境も良かったんですね
子供達とお父さん、お母さんの向き合う姿 見えますね!
なんかうるっと来ちゃっても 頑張るわ~わたしも
そんな記事でした!!
にゃこはまさんへ
いつもコメント嬉しく読ませていただいてます!
にゃこはまさんが私のやたら長いダラダラ文章を
コンパクトにまとめてくださって、いつも私の方が
「そういう事を言いたかったんだよね!」と(笑)
短い文章でサクっとまとめる才能、憧れです♪

兄は小さいころから人のせいにして怒ったりした事が
なくて、私の子供の頃を思い返すと・・・
「お母さんのせいでこうなっちゃんたじゃん!!」
とか文句ばっかり言ってたような^^;
それで、夫が
「感情を表に現すトレーニングをしてるんだ」
とかよく分からない理由で兄にちょっかいを出しては
親子でもつれあっています(笑)

息子なんだけど、精神面は私より大人ですね^^
私たちは子供たちが独り立ちするまでの応援団と
思って接しています。

よねこ
素敵な家族ですね
本当にいいお話です…(涙)
前にも言っちゃいましたが、よねこさんのご家族の出来事ってドラマみたいですよね。
どんな状況でも、家族は一緒がいいですね(*^_^*)

我が家の場合…。
主人の異動の告白に子供たちの第一声は、「やだ。」でした。
しかも、さらりと即答です。
でも詳しい状況を伝えていくうちに理解したようで、今度は学校や幼稚園で
「おれ、(学校・幼稚園)やめるから。」とあっさり…。
今ではお祭りかイベントであるかのごとく、「引っ越す~。」と触れ回っています。
お友達と離れたり、慣れ親しんだ環境を離れることでつらいこともあると思います。
よねこさんのおうちのように、子供たちの話をゆっくり聞いてあげたいです。

引っ越しまであと10日になりました。
学生時代のテスト前の心境です(笑)「終わらない~、間に合わない~!」
少しずつ、頑張ります。

よねこさんを取り囲むすべての上に、皆様の上に、今週も良い一週間でありますようにと願っています(^_^)/
Re: 素敵な家族ですね
mayuさん、こんにちは!
いつもコメントありがとうございます(*^_^*)

引越しまであと少し、このくらいの時期って
「何とかなるよね」と「間に合わないかも??」が交錯する頃(笑)
私も最後の方は、置いてた部屋だけ書いて放り込みました^^;

子供たちは、転校・転園して色々あったけれど
ここに来て成長した面がとても多くて、本当に良かったです^^

子供たちの話を聞いてると、思わず出しゃばりたくなる事も・・・。
でも「そんなの嫌だよね!」と共感して聞き役になってあげるだけで
「明日はいいことあるかなぁ?」と前向きになってくれました。

私たちも「聞いてよ、ちょっとぉ」って誰かに言いたい時があるように(笑)
子供たちも言いたいこと一通り言うと、スッキリするみたいです^^
転勤を控えた者です
はじめてコメントします。

我が家も7年ぶりの転勤で揺れています。
正式な辞令が今週か来週には出る予定ですが、
不安でいっぱいで押しつぶされそうです。

住まいも狭くなる&古くなるし、行ったこともない土地でやっていけるのか。


夫が仕事に行ったあと、恥ずかしながら子どもたちの前で涙を流したことも・・・。


そんなとき、このブログに出会いました。
なんだか、背中を押してもらった思いです。

家族はやっぱり一緒にいたほうがいいはず。
素敵なお友だちにもまた出会えると信じて。

お礼が言いたくって、勇気を出してコメント
してみました。

いろいろ、参考にさせてもらいますね。
ともさんへ
ともさん、はじめまして♪
コメントありがとうございます。

ともさんのお話に、自分の時のことを思い出しました。
正式な辞令が出るまで、ほんとだと分かっていても
夢なんじゃないかとか・・・気持ちが揺れますよね。

涙、流していいと思います!
心に気持ちを隠したままでいると、
いつか必ず溢れてきてしまう時が来ます。

お子さんたちにそういうお母さんを見せたこと、
「お母さんを助けてあげなくちゃ!」という
小さいながらも守るべきものを見つけた時の子供達は
とても強いです。

一緒に泣いて、笑って、
我が家も苦しいこともあったし、
ここの暮らしに慣れた今だからこそ見えて来た
新たなしがらみに悩んでいたりもしますが
家族の輪は一段と強くなったと思います(*^_^*)

私も人見知りな方ですが、
新しい土地では子供たちのお友達のお母さんと
すぐに仲良くなることが出来ました♪

ともさんに素敵な出会いと暮らしが待ってることを
私も微力ながらお祈りしています(#^.^#)
お引越し、大変だけど頑張ってくださいね☆

そしてまたいつでも、声かけてくださいね!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。