--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/06/04.Sat

深夜の愚痴。

今日はなんだか・・・サーバーメンテに振り回された所から始まって
何もかもが、うまく回らない一日でした。

このブログ、始める時に自分の中で決めていたことがあって
見に来てくださった人の気持ちを引っ張るような、ネガティブなことは書かないと。

同じ引っ張るなら、
嬉しい気持ちや楽しい気持ちで引っ張りたいなぁと、思っていました。

その思いは今も変わってはいません。

だけど・・・

この空しい気持ちを、どうしたらいいのか分からない、この思いを
どうしても誰かに伝えたくて、今夜は書いてみます。

        ---------

夕食後、子供たちがお風呂に入っていた時のこと。
突然お風呂場から、弟のワーワー泣く声がしました。

兄は6年生、弟は1年生で
学校でもお兄ちゃん感覚で親しみを持って
6年生に話しかけてしまうらしいのですが・・・

それを何事も無く受け止めてくれる子もいれば
「生意気なヤツ」ととらえる子もいて

普段から兄に注意をされては、理解できずに涙ぐむ弟。

だからまた今日も、兄に怒られて泣いているのかと思い
「どうして泣かせてるの!」とお風呂のドアを開けると

「ちがう!ぼくが泣かせたんじゃないってば」と兄。

どうやら、弟が6年生に半ば強制的に言わされたことが
学校中に広がっていて、その事を弟に話していたらしく

弟も今になって事の重大さと、この先あらゆる子にからかわれる
かもしれない事に気付いて、大泣きしていたのです。

以前からちらほら聞いていた、弟に執拗に何かと言わせようとする6年生。
手口の荒っぽさから、てっきり男子グループだと思っていたのに、

女子だっていうじゃない・・・。

ついこの間まで幼稚園カバン下げてた子に対して、
あなたたちは、間もなく中学生になるんでしょう。

どうして、呼び捨てたり、からかったり、悪口言って
泣きだしそうな1年生の顔を見て『楽しい』と思えるの?

        ---------

高知にいた時は、小学校の目の前に保育園があって

保育園から自転車で家に帰る時に、小学校の運動場から
「弟く~ん!!バイバ~イ!!」
と様々な学年の子供たちが手を振ってくれました。

私よりも顔が広くて、私がいつも「今の子は?」って聞いてたっけ(笑)

参観日に学校へ弟を連れて行くと、
クラスのみんなが「兄くんの弟が来た!」と喜んで迎えてくれて

弟は兄と一緒に学校へ通える日を、本当に心から待ち望んでいたのです。

入学してから、どのくらいだったか、ある日弟がぽつりと
「ママ、学校ってこんなにツライところだったんだね」と言いました。

それが何を指していたのか、その時はまだ分かりませんでした。

「それは勉強しに行く所だもの。そういうふうに思えることが、
 あなたが大きくなっていってる、っていうことなんだよ。」

人一倍真面目にこなそうと考えるところがあるので
きっとそういう面で疲れているのかな、と思っていました。

そのうち、「ぼくね『おしゃべり●●』って呼ばれてるの」
「誰に?」「6年生の女の子たち」

「呼び捨てで?」「うん、『今日からそう呼ぶ』って言われた」

以前の学校では、呼び捨ては先生から指導の対象だったし
しかも最高学年が1年生を呼び捨てで呼ぶことは有り得ないこと。

ここの学校の様子が全く掴めないのが、私も辛い所でした。

だけどその時はまだ、弟もそう呼ばれることが嫌なことだと
思ってなかったんですよね。

むしろ、お姉ちゃんたちが面白がってくれてると考えていたようで・・・。

6年の女子グループの、弟に対する物言いは少しずつエスカレートしていき
「言いたくない、って言っても離してくれない」と言うようになりました。

そして、どうしてもその場から逃れたくて言ってしまった事が
学校中に広がってるよ、と兄から聞かされて・・・。

「弟からかうのやめてよ、って言えないの?」と兄に聞くと
「僕がそんな事言えば、次は僕がターゲットになっちゃうじゃん」と兄。

聞けば兄も、「カッコつけ」や「女みたいな男」などと言われたり
廊下ですれ違う時に「イヤだー!!」と避けられたり。

「ああいうのは、関わらないのが一番なんだよ」と兄。

触らぬ神に、祟りなし?

うーん・・・女の子たちも、何かに疲れてるのかな。

        ---------

「ぼくの手、クラスで一番小さいの」
弟の手
そう言って困ったように笑った弟だったけれど

大丈夫。

キミの手の温もりは、みんなを幸せな気持ちにしてくれる
小さくても、大きな大きな手なんだよ。

まだ弟の人生は始まったばかり、

いくつもの壁にぶつかって、その手で乗り越えて
私たちを超えて大きくなっていって欲しいと

今も隣で寝顔を見ながら、願うばかりの夜でした。

最後まで読んでくださって、ありがとうございました!
書いたらちょっと気持ちの整理がついた気がします。
家族のこと | Comments(18) | Trackback(0)
Comment
ちっちゃくても、ちゃんとそのぬくもりをお母さんは分かってくれてる、
そう思えば、弟クンも強くなれると思います。
分かってくれてる、を伝えるために、しっかりと、弟クンのカラダもココロも抱き締めてあげてくださいね。
応援してます!
no subject
よねこさん、今日はきっといろんな感情をひとまぜする日だったのかもしれませんね。
いくつになっても悩みはつきないけどましてや弟くんにとっては大きな大きな跳び箱で、痛い思いしながらでもきっと飛び越えられてその喜びを一緒に味わえる日がくるんだと思います。
よねこさん、いっつもパワーをくれる人なんだからた~~~まにはこうしてこぼしてくださいね(*^_^*)
書いてて気持の整理がついた気がするのは私も本当に本当によくわかります!!
なんの力もなれずむしろ私が『よねこさんもこんな日があるんだな』って一緒な感じを勝手に味わってるだけですが…。
no subject
子供のことですが放っておくとだんだんエスカレートします。また同じようなことがある前に学校の先生に相談する方がいいと思います。
大げさでもなんでもなくまだ親が入ってあげれる内は入ってあげるべきだと私は思います。
私にも小3と年長の男の子がいるのでお気持ちがとてもよくわかるのでコメントさせて頂きました。
小さな子供が傷ついているのをみるのは親としてとてもつらいですよね。がんばってください。同じ親として応援しています。
no subject
せつなくなりました。
弟くんは小さな胸にいろいろなものをかかえてたのかもしれませんね。
私には子供がいないので最近の小学校事情はわかりませんが、多分、私の小さい頃(昔すぎる…)にも同じような子はいたんじゃないかな。やり方は違うだろうけど。どうも女子の中には徒党を組み誰かをやり玉にあげるという遺伝子が多少あるような。きっと大人でもね。私はそういうの大っ嫌いです!!よねこさんもでしょ?
ということは、少なからず、今の子供たちの中にもそいう正義感の子供はいるわけで…。
そこに救われてくれればいいのだけれど。
きっと、その迷惑な彼女たちもお家ではいい子で、その親ごさんたちはとてもいとおしく思ってられるはずですよね。今はたまたま起こっている出来事で、自然となんとかなるものと思いたいですね。
よねこさん!
上手く言えないけれど、真夜中の愚痴を聞けてよかったです。これで私もまた悩み聞いてもらえる♪
お子様たちに今日もおいしいものたくさん作ってあげてくださいね。
no subject
今の子供たちは、きっと忙しくって心のゆとりがなくなってるのかな。女の子はどうしてもグループ化してしまうしね...。弟くんのつらさ。お兄ちゃんの助けたいけど自分の立場とのバランス..。しっかり見守ってるよねこさんの気持ち...。

きっと乗り越えられる!!!
no subject
はじめまして。少し前から拝見していました。
性別は違いますが、私も小6の娘・小1の息子と同じような感じなので、もしもわが子ならと考えてしまいました。
女の子の方が陰湿ですね。どうしても群がり、みんなと一緒に・・・となりがちです。
お兄ちゃんの弟くんを守りたいという気持ち、きっと弟くんには伝わっているでしょう。
きっとこの大きなハードルをお兄ちゃんも弟くんも乗り越えられると思います。
先生にはきちんと相談されるといいと思います。気にかけてくれる先生がいるだけでも心強いと思います。
まだ入学して2か月。早くよい方向に向かいますように、遠くからですが応援してます。
よねこさんおはようございます(*^_^*)
地方の子供と都会の子供って心のでき方が違うのかもしれませんね。
主人の実家に帰ると、甥っ子君がとっても優しくって子供らしくって、
こちらに帰ってきて、妹の姪っ子と比べると…
姪っ子の方が断然ませている気がしたり…

弟君も環境が違うってことをなんとなく感じとって来てる時なのかもしれませんね。
『あれ??前と違うよ…』と悲しい気持ちになったり。

でもでも、この場所で生きていく強さを持たないといけないのも事実。
すっごく辛いけど、子供ならでは試練なのかもしれません。
よねこさんの愛情をたっぷり感じて、弟君も必ず強くなると思います。
愛を受けて育った子は強い!!ですもん。
私もよねこさんとご家族を応援しています!(^^)!
MIAOWさんへ
お返事遅くなってごめんなさい!
運動会の朝(土曜の朝)に、ちらっとメールチェックした時に
MIAOWさんのコメントを見て、思わず出かける前の弟に
ギュッと抱きしめて「頑張ってね!」と言うと
弟も「ママもお弁当頑張ってね!」とp(^_^)q
初めての運動会、一生懸命頑張る姿を見ることができました!
子供だけでなく、私の中にあった不安な気持ちも、
こうしてMIAOWさんをはじめ、みなさんの励ましをいただいて
前向きな気持ちになることができて感謝しています。
こんな私のブログですが、これからもよろしくお願いします!
本当にありがとうございます^^
coyukiさんへ
お返事遅くなってごめんなさい!
そう、子供って成長するごとに新たな悩みに直面しますよね(>_<)
2人目だからといっても、性格が全然違えば悩みも2倍(笑)
兄がここに来て、慣れるまでも本当にしんどかったのですが
兄自身がそれを乗り越えて今、本当に友達に恵まれています^^
だから弟自身も今回の事を通して、社会性を身に付けていく過程だと
弟自身が成長すれば、6年の女子もこんな子相手にしてる私たちって・・・
って自然と離れて行くのを見守りたいなと思っています。
coyukiさんの「一緒な感じを勝手に味わってる」それだけでも
私にはとっても嬉しい言葉でした!
いつもホントにありがとうございます(^_^)/
きっちんさんへ
お返事遅くなってごめんなさい!
きっちんさんのコメント、同じ子供を持つ親としての
「だまってちゃダメ!」という想いがとても伝わってきました。
去年の秋に兄が転校してきて、やっぱりちょっとクラスの男子と
色々あった際には、出しゃばりすぎかと思ったけれど
担任の先生に申し出ました。
その後どのように対処したかは、一切伝わって来なかったんです。
けれど先生方が遠くから配慮してくれてると兄も分かって、
自分自身でも乗り越える事が出来たので、それで良かったと
思うことにしました(このニュアンスで伝わるでしょうか・・・)

今回の6年生の女子たちについて、
私は彼女達が、こんな子相手に小馬鹿にしてる私たちって・・・
と彼女達が自然と離れて行くのを見守りたいと考えています。
彼女達も思春期に入り、人からどう見られるかを気にする年頃だと
思うので、先生から注意されるという事自体が
彼女達のプライドを傷つける事になりかねません。
私自身が過去に、同様の事で『報復』された事があり
私たちの子供時代よりも複雑な思いを抱える子供たちなので
もちろん我が子からのSOSは見逃さず、今はもう少し
事の成り行きを見守っていこうと思います。

きっちんさんの言葉に、母としての強さと勇気をいただきました!
本当にありがとうございます^^
こんな私ですが、これからもよろしくおねがいします。
えびんこさんへ
お返事遅くなりました!
やっとみなさんのコメントをじっくり読ませていただきながら
気持ちを振り返る時間が出来ました(^_^)
えびんこさんのおっしゃる通りで、子供たちの友達付き合いは
むしろ今の方が難しそうな気がします。
私の子供の頃にもグループ内でひとりずつ無視していくような事も
あったけれど、女子のお母さん達の話を聞いていると
そういう風潮は今も根強くあるみたいです。
そういった事の主導権を握ってる子達っていうのは、
家ではいい子だったりするんですよね。
先生も、明らかに見た目に「悪い」子の方が指導しやすいと
おっしゃってました。親や先生の前で「いい子」は難しいと・・・。
きっと弟をからかってる女の子達も、そう遠くない時期には
自然と弟から興味が離れて行くと思うのですけどね・・・。

えびんこさんにも、こうして私の悩みに一緒になって気持ちを寄せてもらえて、本当に幸せだと思いました^^
運動会の夜は、おじいちゃん達と一緒にカレーを囲みましたよ~♪
upkyonさんへ
お返事遅くなりました!
今の中学1年が去年6年の時に、
既に「プロフ」でいじめがあったと聞きました(>_<)
そういうツールを使いだすのは男の子よりも早いし
持ってる子通しで組んじゃったり・・・
話を聞いてるだけでも大変そうだなぁと思います。
弟も保育園や幼稚園までとは違うんだよ、という社会性を
涙とともに身につけて行く途上なのだと思うので
「今こうして気がついて良かったね、次からは気をつけるんだよ」
と夫は弟に話していました。

upkyonさんのパワーいただいて、私も頑張ります!
いつもパワーをありがとうございます^^
ひっこさんへ
はじめまして。コメントありがとうございます!
ひっこさんと我が家と、どちらも同級生ですね。
この年代、女の子の方が成長が早くて思春期の心の戸惑いと共に
人間関係の悩みも様々な場面で増える頃でもある反面、
対外的にどう見られているかを気にする頃だと思うのです。
先のきっちんさんへのお返事にも書かせていただいたのですが
先生から注意される事って、この年頃の女子はとても
プライドに傷がつく事だと思います。
男の子みたいに「バレちゃった、もうやめとこ」みたいな感じと違い
先生や親に「いい子」でいる子ほど、その反動は大きくて・・・。
だから、弟自身が今回の涙を通して成長し、
6年の女子たちも、こんな子相手にしてる私たちって・・・
と自然と離れて行くのを見守りたいと思うのです。
でも次のSOSを聞いた時は、もちろん親として
きちんと先生に伝えなくてはと思っています。

まだ2カ月ですものね^^
兄の転校時も悩んで悩んで、後で笑い話になれました。
きっと今度も・・・と信じています。
ひっこさんのお気持ちが、とっても嬉しかったです!
これからもよろしくお願いします。
peruruさんへ
peruruさん、おはようございます♪
弟が生まれ育った高知では、スーパーでも電車の中でも
知らないおばちゃんと話に花が咲く、そんな所でした(笑)
だから誰かに話しかけられると、屈託なく答える弟なのですが・・・
『言っていいことと、言ったら(自分や兄の立場が)良くないこと』
(お兄ちゃんが昨日お母さんに怒られたとか・・・)
この違いがまだ幼くて分からなかったり、
更に方言のニュアンスもあるんです。
ごく普通に言った一言が、偉そうに聞こえたり
強く文句を言ってるように聞こえたり・・・。
私と夫も結婚当初よく、ケンカの原因に^^;

peruruさんのおっしゃる、子供ならではの試練、
思いだしてみれば兄も入学時には多少ありました。
やっぱり学校って育ってきた環境が様々な子供たちが出会う場所。
弟は苦労の分だけ誰かに優しく出来る、そういう面が見えてきました。
6年生の女の子たちと、弟と、ともに成長してくれることを
心から願っています^^

peruruさんからいつもいただく言葉って、私の頭の中で
ゴチャゴチャと糸くずみたいにからんでる言葉を
キレイに並べてくれる、そんな感じです♪
意味が伝わるでしょうか・・・(笑)
なんだかとっても安心します^^ ありがとうございます!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
↑の鍵コメさんへ
あたたかいメッセージ、本当にありがとうございます!

いくつなっても、子供の成長とともに新たな悩みに出会って
私自身も本当にたくましくなりました。

根底にあるのは、私の両親の私に対する子育て。
「こうして欲しかったのに。」という思いからです。

壁を超えていくための勇気は、子供自身が持たなくちゃいけないこと
夫や私はそれを後ろから見守ることしか出来ないこと
だけど絶対目を離さずに見守っていること

そしてもし、命を投げ出したくなるほど辛いことに出会ったら
抱きしめてあげるから、何も言わずに胸に飛び込んで来なさいと

これは兄に、何度も話してきています。
弟にも少しずつ分かりやすい言葉で、話しています。

私のお腹から生まれて来た、その日から
私たち家族が一緒にいられるのは、彼らの人生の4分の1。

残り4分の3は自分で切り拓いていかなきゃならない。
そのための『引き出し』をたくさん作ってあげる時間だと

私はそう思って子供たちに接しています。

でも「散らかしっぱなしやめなさい!!」ってそんな日々です。
ついでに私も助けられてばっかりの、ダメ母です(笑)

肩の力抜いて、お互い頑張っていきましょうねp(^_^)q
はじめまして
ランキングでよねこさんのブログをみつけて、最初の記事からずっと遡って読んでいます。
我が家も古い社宅なのでとっても参考になります!
さて、突然ですがこの記事を読んでとても胸が痛くなりました。
その後、弟さんはどうですか?
記事を読んで感じたのですが、その女の子たちってもしやお兄さんのことが好き、なのでは…
気分を害されたらすみません。
『かっこつけ』『女みたい』…これってつまりジャニーズ系のイケメン、てことなのでは?
私自身親が転勤族で小学校は3回変わっているのですが、転校生ってよくも悪くも目立ちますよね。
そして田舎の学校であればあるほど転校生はいじめられるかモテるか両極端でした。
お兄さんはリレーの選手に選ばれるくらいだし、きっとモテるんだと思うんです。
気になる子の弟さんだから多分ちょっかい出しちゃうんじゃないでしょうか。
非常に迷惑な話ですが、その年頃ってそんな感じの女の子が多かった気がします。
何の解決にもならないコメントで申し訳ないんですが…
必ず時間が解決してくれます。(記事から1ヶ月、もう解決していればいいんですけど)
頑張ってください!

そんな私はまだ2歳の娘1人しかいないぺーぺー母です。
よねこさんの子育てやお家のあれこれ、参考にしながら私も頑張ります!
ゆうさんへ
ゆうさん、はじめまして!
コメントのお返事がすっかり遅くなってしまってごめんなさい・・・。

弟の「その後」として記事にも書かせていただいた通り
心配していた女子達がエスカレートすることもなく
今では1年生の女の子に「ブタ」と呼ばれるらしくて
(太ってはないけど、筋肉質で胸板が厚いのです^^;)
そっちの愚痴を言う事の方が多いかな。

時間が解決してくれる、そして子供たちも日々成長しているんですよね。

実は私も、兄にそういう事を言う女子がいる話を聞いた時に
「もしや?」と思ったのですが、兄本人は
「絶対嫌や、僕はここの女子怖くて」と拒絶(笑)

転校生って、一人でコミュニティに飛び込んでいくのだから
目立って当たり前ですよね。そして馴染むまでが大変・・・。

だけどここに来なかったら出会うことの無かった友達や
新しい自分(リレーの選手なんて、初めてだったんです!)
きっと大人になって振り返った時に、ここで過ごすことになる
何年かの事を、大切な時間だったと思ってもらえたらいいなと
私は勝手に思っています^^

こんな感じでゆるゆる更新ですが、よかったらこれからも
遊びにいらしてくださいね♪

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。